私たちアーバンホームは社長自らが海外で暮らした経験から「性能もデザインも優れた住まいをもっと日本に広めたい」そんな思いから設立した会社です。
アメリカンハウス、南欧風、北欧風など世界中の様々な住宅様式を知り尽くし、海外生活の経験を持つスタッフや本場で学んだベテラン建築士と素敵なお住まいをカタチにいたします。

デザイン・性能・良心価格の三拍子が揃った輸入住宅を自身を持っておすすめしています。
そんなお家をご希望の方は、是非当社へご相談ください。







大草原に佇む一軒の家のように、堂々とした存在感。開拓史時代の家族のあたたかな暮らしをイメージさせる、伝統的なラップサイディングが魅力的な北米住宅。まさに古き良きアメリカ、正統派の住まいです。
アメリカ西海岸の風が吹くようなサーファーズスタイルやデコラティブなレンガなどの装飾を取り入れて都会的なN.Y.Cスタイルなどがお好きな方に選ばれています。







降り注ぐ太陽に染まったような赤い屋根瓦。手づくりの温もりを感じるローとアイアンの飾り。深い木の色が落ち着きをあたえる室内空間。時を越えて愛されるプロヴァンスの古民家を彷彿させる、どこか懐かしく、温かみのあふれる住まいです。
塗り壁やタイル、アイアンパーツなどでつくり出す空間は、シンプルだけど飽きの来ないそんなデザインがお好きな方に選ばれています。








デザイン、建築選定、工法にこだわり、細部にわたって北欧建築の快適性を実現したnordic [ノルディック] 。 また、nordic [ノルディック]は床材、ドア、屋根、窓、壁にいたるまで様々なディテールにこだわった建築をご用意。
北欧住宅の温かみのある暮らしをご提供いたします。シンプル&ナチュラルで、温かみのあるお家で無垢の床は素足で気持ちよく、快適に過ごすことが出来ます。















注文住宅 フォトギャラリー



現場レポート



お客様の声














良くあるご質問

  輸入住宅をご検討の際によくいただく質問をまとめて掲載しております。是非一度ご覧下さい。

  • 地震が来ても大丈夫ですか?
    地震に強く安心な家を提供していますので大丈夫です。地震大国日本で、輸入住宅は耐えられるのかと不安に思うかもしれませんが、日本ツーバイフォー協会の調査報告によれば「阪神淡路大震災におけるツーバイフォー住宅の被害状況」で被害の大きかった地域に建っていた約9、000棟のツーバイフォー住宅の内、災害後もとくに補修しないで居住可能だった割合は約97%を占めていたそうです。
    また、被害を受けた約3%の住宅でさえも、被害の原因は地盤変動によるものが大半だったそうです。「東日本大震災」においてもツーバイフォー住宅の被害状況の調査が行われ、調査対象約21、000棟のうち補修しなくとも居住可能な住宅の割合は約98%を占めていたそうです(津波被害のあった住宅を除く)。
    この様に過去の震災の報告からも、ツーバイフォー工法で建てられた輸入住宅の耐震性が証明されているので「輸入住宅だから地震が不安」ということは決してないです。
  • 施工管理体制はどの様になっていますか?
    自社に現場監督がいて施工管理をしております。現場検査、第三者現場調査も実施しています。
  • 輸入住宅は日本の気候風土に合いますか?

    北米は国土が非常に広く、さまざまな気候条件の場所があります。その中には日本よりも寒さ、暑さが厳しい地域が多く、日本の梅雨よりも多湿の場所もあります。北米で採用されるツーバイフォー工法は、その中で長年耐えてきた住まいです。日本の気候風土にも十分に耐えうる仕様になっています。
  • 輸入住宅はメンテナンスに手間や費用がかかりませんか?

    輸入建材について「修理や交換が必要になった際に取り寄せに時間がかかりそう」、「在庫がなかったり、急に仕様が変更しそう」というイメージから、メンテナンス面で不安を感じる方も少なくありません。ですが、輸入住宅では昔からの規格の部材を数多く使っており急な仕様変更が日本の物に比べても少ないのが現状です。また、輸入住宅は天然素材を使っているので、自然の風合いを楽しみながら住むことができますので、一般の住宅よりは多少メンテナンスの回数が多いかもしれません。しかし、どんな住まいでもメンテナンスは必要です。簡単にメンテナンスできますので、DIYのつもりで楽しみましょう。たとえばドライウォールは、ご自分で簡単に塗り直せます。
  • 設備も全て海外製じゃないとダメですか?

    アーバンホームの建てる輸入住宅は、デザイン性や性能、構造面で欧米の美意識や建築哲学を取り入れています。そのため、建材についても、お客様に喜んでいただけるような、お洒落で個性的な輸入建材を取り揃えています。しかし、実際にどんな住宅設備を採用するかは、お打合せの段階で細かくご相談をさせて頂きます。実際水回りの設備に関しては日本製を選ぶ方が多いです。
  • 狭い土地でも輸入住宅を建てられますか?

    輸入住宅といえば「広い土地」「広い庭」「大きな邸宅」というイメージが強いのかもしれませんが、土地の広さまで欧米風にする必要はありません。日本のように住居用の土地が限られている国で建てるのですから、広大な敷地が無くても建てることのできるプランを選択する方が現実的です。土地や、選択する住宅のスタイルによっては、平屋タイプの輸入住宅もありえますし、狭小地では3階建てという選択肢もあるかもしれません。輸入住宅だからといって広い土地がないと建てられないわけではなく「どんな土地で、どんな暮らし方をしたいか」という視点でプランニングを進めることが大切です。
  • 間取りは自由に選べますか?

    アーバンホームは自由設計の注文住宅です。お客様の夢、憧れ、理想のライフスタイルなど、ご要望をしっかりとヒアリングした上、1棟1棟オリジナルでプランニングを行うので、自由に間取りを設定して頂く事が可能です。
  • 輸入住宅とは何ですか?>

    輸入住宅の特徴は、欧米の家づくりの哲学や美学を取り入れて、建築用の資材・建材を輸入して建てられる住宅を言います。欧米の住宅づくりの思想や、構造的な強さ、デザイン性の高さを踏襲した、本格輸入住宅を建築しています。欧米の家づくりの哲学とは「外観やインテリアのデザイン性の高さ」や「ゆったりとした間取り」「高い断熱性・気密性」「頑強な耐震性」。そうした哲学に日本の気候風土や土地条件を併せた施工にもこだわっています。
  • 外観をもっとシンプルにできますか?>

    可能です。外観はシンプル & モダンスタイルに。
    内観は自然素材、輸入建材でこだわりの空間にしてみては如何でしょうか。
  • 24時間換気システムのメンテナンスは?電気代は?

    1ヶ月の電気代はわずか500円程度です。またそのメンテナンスは本体で1年に一度15分程度の清掃をしていただきます。また給気口のフィルター掃除は2〜3ヶ月に一度で1箇所1分ほど、家全体で10分程度で完了します。どちらも特別な道具も使わないごく簡単なものです。
  • 24時間換気システムは故障しませんか?

    排気型換気方式(第三種換気)は給気側にダクトがないためダクト内部の汚れや臭いが気にならず、構造がシンプルで故障はほとんどありません。
  • 高気密高断熱住宅って毎日窓を閉めて暮らすのですか?

    そんなことはありません。高断熱高気密住宅の目的は、不快な冬や夏、梅雨時のジメジメから逃れ、快適に暮らすことです。外が気持ちのいい季節、春や秋は窓を開けて暮らしてよいのです。もちろん気候がよい時でも、花粉やホコリ、車などの騒音を防ぐため、窓を閉めて暮らしてもよいのです。
  • 輸入住宅の健康安全面は大丈夫ですか?

    輸入住宅、特に弊社で請け負わせていただく住宅に関しましては、無垢材を使用したり健康塗料を使うなど身体に良い部材を使う事を心がけております。
  • 輸入住宅のメリットはなんですか?

    日本にはないデザイン性の高さが挙げられます。自然素材の良さを生かし、装飾部材を使用した外観や内観が特徴的です。そのデザイン性については伝統的なスタイルになっておりデザイン性が優れているだけでなく、月日が経ってもそのデザイン性が色あせることがありません。
  • 輸入住宅のデメリットはなんですか?

    輸入住宅のデメリットとしては、どんな会社でもメンテナンスが出来るかというと、慣れている会社でないと難しいという部分が出てきます。例えば輸入住宅で使われる資材や部材ではハウスメーカーや工務店ではいつも扱わない商品が多くあり、その事によりメンテナンスを弊社もしくは輸入住宅に慣れている会社に依頼する必要が出てきます。もちろん弊社ではメンテナンスもしっかりと対応させていただきます。
  • リフォームは出来ますか?

    リフォームも取り扱っております。一部屋から建物全体のリノベーションまで弊社ではリフォームをさせていただいております。輸入住宅を知り尽くした職人で施工しますので安心してお任せください。
  • 店舗は出来ますか?

    店舗も請け負わせていただいております。今までも美容室、写真スタジオ、アメリカンダイナースの様なハンバーガー屋さん等施工実績もございます。

















株式会社アーバンホーム 〒346-0104 埼玉県久喜市菖蒲町三箇6206-1 >地図 
TEL:0480-87-1717 
FAX:0480-85-8611
<営業時間>9:00〜19:00 <定休日>水曜日
Copyright (c) URBAN-HOME All Rights Reserved.